プロフィール

大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』

Author:大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
当店ではより多くの機会に気軽に「きもの」を楽しんで頂きたいという気持ちから絹100%の高級衣裳を驚くほどの低価格でご提供致しております。一式には足袋、肌着、ひも類など全て揃っています。お客様は何もご用意される必要はありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページアドレス(URL)の変更

 旧:http://www.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
          ↓
 新:http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm

 記事
  http://hanagoromosimizu.blog109.fc2.com/blog-entry-47.html
          ~
  http://hanagoromosimizu.blog109.fc2.com/blog-entry-194.html

※単位の扱いが異なるものがある可能性もあるので注意
スポンサーサイト
『Smustard.com - the Companion to SketchUp』サイト
 http://www.smustard.com/ 
「xLine.rb」
 紹介ページより「download」をクリックして「保存」
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

線分(エッジ)をガイド線に変換

※下記と全く同じ
  xLine.rb
  http://hanagoromosimizu.blog109.fc2.com/blog-entry-188.html

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Convert to xLine」作成
  20100122b1.jpg

  1)線分を作図・選択し右クリックメニュー
   「Convert to xLine」実行
   20100122b2.jpg
  2)処理完了
   20100122b3.jpg

 ★ソフトニングされた元エッジは対象外
『Smustard.com - the Companion to SketchUp』サイト
 http://www.smustard.com/ 
「windowizer30b5.zip」
 紹介ページより「download」をクリックして「保存」し
 一応ウイルスチェック、zip形式ファイルなので解凍し
 その内容を<Plugins>フォルダへ入れる
  <Plugins>
   +-- readme.txt
   +-- windowizer.rb
   +-- arraysum.rb
   +-- EntsGetAtt.rb
   +-- getMaterials.rb
   +-- offset.rb (※Ver.1.0)

窓を作成

  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Windowizer」
   ~「Windowize」(最初はこの項目のみ)
   ~「Edit Window」
   ~「Inherit Settings」
   ~「Erase Window」作成
  20100523a1.jpg
  20100523a2.jpg

窓の作成

  1)テスト図形として立方体を作図
   窓に相当する部分に四角を作図
   20100523a3.jpg
  2)上記の四角の面を選択し右クリックメニュー
   「Windowize」実行
   20100523a4.jpg
  3)パラメータ入力画面
   窓ガラスの数(縦・横)
   窓枠の大きさ、仕切枠の大きさ、
   壁から枠への挿入長さ、
   枠位置から窓ガラスへの挿入長さ、
   枠・窓ガラスの色(マテリアル)を指示
   20100523a5.jpg
   ★マテリアルは、このモデル内で既に使用されて
    いるものも選択することが出来る
  4)処理完了
   20100523a6.jpg
  5)寸法線をはって確認
   20100523a7.jpg

窓の編集

  6)窓内の面を選択し
   上記メニュー「Edit Window」実行 
   20100523a8.jpg
  7)確認入力画面
   「いいえ」を指示
   20100523a9.jpg
  8)パラメータ入力画面
   窓ガラスの数、マテリアルを変更してみる
   20100523a10.jpg
  9)処理完了
   20100523a11.jpg

編集した窓を元に戻す

  10)窓内の面を選択し
   上記メニュー「Edit Window」実行 
   20100523a12.jpg
  11)確認入力画面
   「はい」を指示
   20100523a13.jpg
  12)処理完了
   20100523a6.jpg

編集内容に設定を確定する

  13)編集後、窓内の面を選択し
   上記メニュー「Inherit Settings」実行 
   20100523a14.jpg
  14)更に窓編集を行った後に、元に戻したくなった場合
   上記メニュー「Edit Window」実行 
   20100523a15.jpg
  15)確認入力画面
   「はい」を指示
   20100523a13.jpg
  16)処理完了
   20100523a11.jpg

窓を消す

  18)窓内の面を選択し
   上記メニュー「Erase Window」実行 
   20100523a16.jpg
  19)処理完了
   20100523a17.jpg
   ★元の何もない四角面の状態に戻る訳ではないので注意
『Smustard.com - the Companion to SketchUp』サイト
 http://www.smustard.com/ 
「weld.rb」
 紹介ページより「download」をクリックして「保存」
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

選択した線分(エッジ)を曲線(ポリライン)に変換

  メニュー「Plugins」内「Weld」作成
  20100522b1.jpg

  1)テスト図形を作図・選択し、
   上記メニュー実行
   20100522b2.jpg
  2)テスト図形が閉図形の場合
   確認画面表示
   20100522b3.jpg
  3)「はい」を指示すると面が作成される
   20100522b4.jpg
   「いいえ」を指示すると作成されない
   20100522b5.jpg
  4)処理完了
   線分(エッジ)が曲線に変換される

  5)要素情報(Entity Info)で確認
   変換前
   20100522b6.jpg
   変換後
   20100522b7.jpg
  6)面作成をしてプッシュプルをすると
   変換前の場合
   20100522b8.jpg
   変換後の場合
   20100522b9.jpg
   のように、変換をしていれば
   ソフトニング/スムージングされる
『Smustard.com - the Companion to SketchUp』サイト
 http://www.smustard.com/ 
「viewMemory.rb」
 紹介ページより「download」をクリックして「保存」
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

ビュー状態(カメラ状態)を記録する

  メニュー「View」内「View Memory」
   ~「Start」
   ~「Stop」
   ~「Previous」
   ~「Next」作成
  20100522a1.jpg

  1)上記メニュー
   「View Memory」~「Start」実行
   20100522a2.jpg
   ★SketchUp起動時に自動的に実行される
  2)ビュー状態(カメラ状態)の記録を開始

★一定時間毎に記録される様子
★最大20回分、記録できるとの事

  3)上記メニュー
   「View Memory」~「Stop」実行
   20100522a3.jpg
  4)ビュー状態(カメラ状態)の記録を終了

  5)上記メニュー
   「View Memory」~「Previous」実行
   20100522a4.jpg
  6)直前に記録したビュー状態となる
   20100522a5.jpg

  7)繰り返し実行可能(最大20回分まで)
   20100522a6.jpg
   20100522a7.jpg
   20100522a8.jpg
   ★いつどんな状態で記録されているのかが分からないため
    何度も実行するが、メニュー操作だと少し煩雑である
  8)上記メニュー
   「View Memory」~「Next」実行
   戻りすぎた場合に、進める機能

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。