プロフィール

大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』

Author:大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
当店ではより多くの機会に気軽に「きもの」を楽しんで頂きたいという気持ちから絹100%の高級衣裳を驚くほどの低価格でご提供致しております。一式には足袋、肌着、ひも類など全て揃っています。お客様は何もご用意される必要はありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htm
「Attribs_v1_05.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- Attribs.rb
   +-- <Attribs>
      +-- attribs.rb
      +-- ~.png
      +-- AttribEditor.html
      +-- ~.js、~.css、~.gif

属性の定義・表示を行う

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Tools」~「Attributes」
   ~「Show」
   ~「Make standard categories」
   ~「Remove duplicates」
   ~「help」作成
  20100228a1.jpg
  及び、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Attributes」
   ~「Show」
   ~「Make standard categories」
   ~「Remove duplicates」作成
  20100228a2.jpg

  1)図形を作図しグループ化あるいはコンポーネント化する
   20100228a4.jpg
  2)何もしていない状態で上記メニューの「Show」をすると
   20100228a3.jpg
   と表示される。
  3)図形を選択し上記メニュー
   「Attributes」~「Make standard categories」実行
  4)図形を選択し上記メニュー
   「Attributes」~「Show」実行すると
   20100228a5.jpg
   と表示される
   例として下記のように編集してみる
   20100228a6.jpg
   これで図形に属性をつけることが出来る

 ★「Attributes」~「Remove duplicates」については、複製したものを除去/カテゴリを除去/属性そのものを除去などと考えられるが、SketchUp7.1 では動作していないように思われる
 ★属性のカテゴリを全て削除すると属性をついていない状況と同じになる
 ★属性値入力で改行をすると「Show」を行った際にエラーする。解除するには図形そのものを消すことになるので要注意
 ★グループ/コンポーネントにしなくても面1つ1つに属性をつける事も可能だが、複数オブジェクトに対して行う事は出来ない

スポンサーサイト
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htm
「AreaFormat.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

表記面積の単位を変換する

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Area Formatter」作成
  20100227b1.jpg

  1)ある面の面積を表示させておく
   20100227b2.jpg
  2)上記メニュー実行
  3)パラメータ入力画面
   面積の単位を指示
   20100227b3.jpg
  4)すべての表記面積の単位が変換される
   20100227b4.jpg

  5)全てではなく一部だけ変更したい場合には
   面積の文字を選択した状態で上記メニュー実行
   20100227b5.jpg
  6)パラメータ入力画面
   面積の単位を指示
   20100227b3.jpg
  7)選択した表記面積の単位が変換される
   20100227b6.jpg

 ★SketchUp7.1では、m2の「2」が文字化けしている
  (過去バージョンで正常に動作しているのかどうかは未確認)
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htm
「applyto.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

コンポーネントを適用して置き換える

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Component Definitions」
   ~「Get Definition」
   ~「Apply Definition」作成
   20100227a1.jpg

  1)図形を作図しコンポーネント化する
   20100227a2.jpg
   或いは、すでに作成しているコンポーネント図形を配置する
  2)ほかにもコンポーネント図形があるとする
   20100227a3.jpg
   これらのコンポーネント図形を、1)のものに置き換えたいとする
  3) 1)で作成したコンポーネント図形を選択・右クリックメニュー
   「Component Definitions」~「Get Definition」
   コンポーネント定義を取得
   20100227a4.jpg
  4) 2)で配置したコンポーネント図形を選択・右クリックメニュー
   「Component Definitions」~「Apply Definition」
   コンポーネント定義を適用
   20100227a5.jpg
  5)処理完了
   20100227a6.jpg
   後で選択したコンポーネント図形が、先に選択したものに置き換わる
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htm
「align_tool_v11.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- align_tool.rb
   +-- Align User Guide.pdf

選択した図形の位置合わせ(座標系指定)を行う

※前回「align_tool.rb」の新バージョンで、おかしな変形をしてしまうバグをフィックスしたらしいバージョン。同じファイル名・同じメニュー項目なので前バージョンとの共存は不可。操作も内容も同じなので前バージョンは不要であろうと思われる。

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Tools」~「Align」作成
  20100226a1.jpg
  及び、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Align」作成
  20100226a2.jpg
  選択図形がグループ/コンポーネントの場合は
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Align Group/Component」作成
   20100226a10.jpg

※操作方法及び機能内容については前バージョン「align_tool.rb」と全く同じなので、そちらを参照のこと。
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htm
「align_tool.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

選択した図形の位置合わせ(座標系指定)を行う

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Tools」~「Align」作成
  20100226a1.jpg
  及び、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Align」作成
  20100226a2.jpg

  1)図形を作図・選択し、上記メニュー実行
  2)図形の原点を指示
   20100226a3.jpg
  3)図形のX軸を指示
   20100226a4.jpg
  4)図形のY軸を指示
   20100226a5.jpg
   X・Y軸よりZ軸は決定される
  5)移動先の原点を指示
   20100226a6.jpg
  6)移動先のX軸を指示
   20100226a7.jpg
  7)移動先のY軸を指示
   20100226a8.jpg
   X・Y軸よりZ軸は決定される
  8)作図完了
   20100226a9.jpg


*図形がグループ化/コンポーネント化されている場合には、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に「Align Group/Component」が追加され、それを使用する場合には上記の 2)~4)を省く事が出来る(そのグループ/コンポーネントの座標系がそのまま利用される) また、複写も可能となる

  1)図形を作図しグループ化/コンポーネント化して選択、
   上記メニュー「Align Group/Component」実行
   20100226a10.jpg
  2)移動/複写先の原点を指示
   20100226a11.jpg
  3)移動/複写先のX軸を指示
   20100226a12.jpg
  4)移動/複写先のY軸を指示
   20100226a13.jpg
   X・Y軸よりZ軸は決定される
  5)確認画面
   複写する、しない(=移動する)を指示
   20100226a14.jpg
   ここでは複写するを選択
  6)作図完了
   20100226a15.jpg


Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htmの紹介

3d_grid
AddVertex+
AddVertex
align_2D.rb
align_tool.rb
align_tool_V11.zip
angle_between
applyTo.rb
AreaFormat.rb
Attribs_v1_05.zip
attributes.rb
attributes_10.rb(改)
bez-patch-1-1.zip
bezier.rb
Bezierspline.zip
bezier_flight.rb
bomb.rb
BzRoundEdge_v1.zip
BZ__Catmull.rb
BZ__Courbette.rb
BZ__FSpline.rb
BZ__Segmentor.rb
centerpoint.rb
Chamfer_Along_Path.rb
cleanup.rb
cleanup_model.rb
ClineAtFaceIntersection.rb
compo_spray.zip
comp_example1.rb
ConsDeleteContext.rb
crate.rb(改)
crate1.rb
cratetool.rb
curvestitcher.rb
curvestitcher21.rb
CutListAndMaterials33.zip
Cutting_Windows.zip
DeleteConLinesOnly.rb
DeleteConPointsOnly.rb
deletecoplanaredges.rb
Delete_CG_mat.rb
delfaces.rb
del_tex_faces.rb
dispatch_objects.rb
divide_cpoint.rb
DoorTools.rar
door_lintel.rb/zip
eq_grapher.rb
erase_lonely_edges.rb
Explode2Groups.rb
exploder.rb
extend11.rb
ExtrudeAlongPath.rb
extrudelinetool.rb
extrude_lines.rb
extrud_selected_faces_along_normal.rb
FacePusher.rb
Far.rar
FrontFace1-1.zip
GetCentroid.rb
greyscale.rb
groupByTexture.rb
group_rename.rb
Grow.rb
hoist.rb
holes.rb(改)
IncRandomPushPull.rb
JointPushPull.zip
jf_unfoldtool.rb
JointPushPull.zip
label_stray_lines.rb
lathe.rb
layerbymaterial.rb
layerchanger.rb
layers_materials.rb
layers_show_hide_all.rb
layer_manager.rb
layer_manager_v5.zip
lines2tubes.zip
makeNamedGroup.rb
mashtab_4.zip
match_properties.rb
matrix_extrude.rb
mesh_additions.rb
Mirror_31.rb
model_location.rb
mover.zip
multiwalltool31.zip
nolines.rb
offset.rb
opener.rb
ordered_verts.rb
orient_faces.rb
outliner.rb
parametric_grid.rb(改)
pathcopy.rb、pathcopy.zip
pc_drawmetal_plugins.zip
PipeAlongPath.rb
point_at_intersection.rb
polyreduce.rb
projection_v6.zip
protrude.zip
PurgeAll.rb
PutOnLayer_bmw_wrh.rb
RandomDelete.rb
RandomPushPull.rb(改)
RandomSelect.rb
remove_materials.rb
rename_comp_inst.rb
rename_groups_materials.rb
repaint.rb
repair_broken_lines.rb
ResetComponentAxes.rb
reset_axes_to_bounding_box_center.rb
RoofHip.rb
rot90.rb
rotaPushPull.rb
rotator.rb
rotix.rb
rotix11.rb
screw1_1.rb
screw1_4.rb
screw_21.rb
screw1_5.rb
scrtool.rb
simplify.rb
SketchyBevel.rb
SketchyFFD.rb
SketchyPhysicsV01.zip
SketchyPhysics-Jul7-07.zip(1)
SketchyPhysics-Jul7-07.zip(2)
SketchyReplay03.zip
skin.zip、skin22.zip、skin23.zip
Slicer.rb
Slicer3.rb
spdoor.zip
stitcher.rb
terrain_reshaper.zip
TextTag.rb
TextTag14.rb
toggle_units_1icon.zip
toggle_units_5icons.zip
tooling.zip
ToolsOnSurface_131.zip
ToolsOnSurface_v12.zip
trans_ext.rb
trilateration.zip
TubeAlongPath.rb
unhide_all.rb
url_link.rb
utilities_10.rb
Vbfr.zip
vertweld.rb
voronoi_convex-hull.zip
weld.rb
xformclone.rb
xLine.rb
xLine2Line.rb
XrefManager3.zip
XrefManager5.rb
Zorro.rb
[CASF]DelCopEdges.rb
以上
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htm
「align_2D.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

選択した図形の位置合わせ(2D)を行う

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Tools」~「Align 2D」作成
  2010225a1.jpg
  及び、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)作成
  2010225a2.jpg

  1)あらかじめ図形を作図し、グループ化/コンポーネント化を行う
   2010225a3.jpg
  2)図形を選択し上記メニュー実行
   2010225a4.jpg
  3)位置合わせ線の始点を指示
   ★Z軸座標を 0 以外にしても Z=0 として指示される
   2010225a5.jpg
  4)位置合わせ線の終点を指示
   2010225a6.jpg
  5)パラメータ入力画面
   位置合わせ(Align):
    水平方向へ 垂直方向へ 線に対して鉛直方向へ
   ガイド線(位置合わせ線)を消すかどうか
   コピーするかどうか(コピーするか移動するか)
   図形を回転するかどうか
    そのまま/図形X軸方向/Y軸方向/Z軸方向
   2010225a7.jpg
  6)作図完了
   位置合わせ:水平方向
   ガイド線:消さない
   コピー:する
   回転:そのまま
   2010225a8.jpg

  5-1)パラメータ入力画面
   位置合わせ:垂直方向
   ガイド線:消さない
   コピー:する
   回転:そのまま
   2010225a9.jpg
  6-1)作図完了
   2010225a10.jpg

  5-2)パラメータ入力画面
   位置合わせ:線に対して鉛直方向
   ガイド線:消さない
   コピー:する
   回転:そのまま
   2010225a11.jpg
  6-2)作図完了
   2010225a12.jpg

  5-3)パラメータ入力画面
   位置合わせ:水平方向
   ガイド線:消さない
   コピー:しない
   回転:図形X軸方向
   2010225a13.jpg
  6-3)作図完了
   2010225a14.jpg

 ★コピーをするにして回転をそのまま以外にした場合は、SketchUp7.1では、正常に処理されていない(コピー先ではなくコピー元が回転してしまう)
 ★コピーをしない状態でも、位置合わせ線の指定によっては、SketchUp7.1では、正常に回転しない場合がある
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
の紹介が一通り終了しましたのでリストにしておきます。

3DShapesTool
3d_grid
AddVertex
AddVertex+
angle_between
arcs
auto_centerpoint
bez-patch-1-1
bezier.rb
Bezierspline.zip
bezier_flight.rb
box.rb(改)
boxes_array.rb(改)
boxes_random.rb
box_pos.rb(改)
centerpoint.rb
Chamfer_Along_Path.rb
clinetool.zip
BZ__Catmull.rb
BZ__Courbette.rb
BZ__FSpline.rb
BZ__Segmentor.rb
cloud.rb
Cloud_V6.zip(不明)
comp_example1.rb
cone.rb
cone11.rb
conetop1.rb
ContourMaker.rb
contour_lines.rb
crate.rb(改)
crate1.rb
cratetool.rb
cubicbezier.rb
cubic_colored_grid.rb
cubic_grid.rb
curvestitcher.rb
curvestitcher21.rb
cylinder.rb
dashes.rb
dim_angle.rb
divide_cpoint.rb
dline.zip
dome.rb
door_lintel.rb/zip
drawhelix13.rb
drop.rb
Ellipse.zip
eq_grapher.rb
extend11.rb
ExtrudeAlongPath.rb
extrudelinetool.rb
extrude_lines.rb
extrud_selected_faces_along_normal.rb
FacePusher.rb
fflipper_embryo.zip
fflipper_v6_4.zip
FilletTool.rb
Geodesic.rb
Geodesic_SketchUp.rb
GetDimensions.rb
graphit.rb(改)
grid.rb
heightfield_gen.rb/heightfield_gen_V6.rb
helix.rb
helix12.rb
hel_ramp.rb
IncRandomPushPull.rb
JointPushPull.zip
k_tools_20.rb
k_tools_21.rb
k_tools_50.rb
line2cyl.rb
lsystem.rb
ltest.rb
makewindow.rb
make_faces.rb、make_faces11.rb
MatchboxPlugin.zip
MatchboxPlugin_r11.zip
MatrixProximity- v1[1]4.zip、MatrixProximity.rb
mesh_additions.rb
numbered_grid.rb
orient_faces.rb
parametric_grid.rb(改)
pc_drawmetal_plugins.zip
perp_line_plane.rb
PipeAlongPath.rb
point.rb
points_cloud_triangulation.rb  (改)
point_at_intersection.rb
projection_extension.zip
projection_v6.zip
project_faces_plane.rb
project_faces_vector.rb
project_lines_plane.rb
project_line_plane.rb
project_line_planes.rb
project_point_line.rb
project_point_plane.rb(改)
pushpull_tool.rb
push_pull_vector.rb
push_pull_z.rb
push_pull_z_set.rb
pyramidtool.rb
RandomPushPull.rb(改)
rectangle.rb
rectangle_hole.r
reglue.rb
Roof-v2-1.zip、Roof.rb
roofplanfollower.rb
shapes.rb
simplify.rb
sine_wave.zip(改)
SketchyBevel.rb
SketchyFFD.rb
skin.zip、skin22.zip、skin23.zip
smartdrop.rb
stitcher.rb
Stroim_dom_1_0.zip
surveytool.rb
tf_ruby_scripts.zip
toggle_units_1icon.zip
toggle_units_5icons.zip
tooling.zip
ToolsOnSurface_131.zip
trilateration.zip
TubeAlongPath.rb
volume.rb
VolumeCalculator.rb
VolumeCalculator21.rb
voronoi_convex-hull.zip
WindowGlass.rb
WindowGlassFrame.rb
WindowMullions.rb
WindowTools.zip
xLine.rb
xLine2Line.rb
zerkalo_eng2.zip
zone.rb
ZVolume.rb
[CASF]DelCopEdges.rb
[CASF]FunShapes.rb
以上
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「[CASF]FunShapes.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

様々な3D図形の作図を行う

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「[CASF] Fun Shapes」
   ~「Superellipse」
   ~「Tear Drop」
   ~「Horn Shape」
   ~「Misc Torus」
   ~「Jet Surface」
   ~「Pisot Triaxial」
   ~「Elliptic Torus」
   ~「Limpet Torus」作成
  20100224c1.jpg

1)スーパー楕円の作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Superellipse」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   大きさの単位は、±スケール値×100インチ
   20100224c2.jpg
  3)作図完了
   20100224c3.jpg

2)雫の作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Tear Drop」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   20100224c4.jpg
  3)作図完了
   20100224c5.jpg

3)角の作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Horn Shape」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   20100224c6.jpg
  3)作図完了
   20100224c7.jpg

4)様々なトーラスの作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Misc Torus」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   20100224c8.jpg
  3)作図完了
   2つのねじれたトーラスが組まれたように作図
   20100224c9.jpg

5)ジェット面の作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Jet Surface」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   20100224c10.jpg
  3)作図完了
   20100224c11.jpg

6)ねじれた輪?の作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Pisot Triaxial」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   20100224c12.jpg
  3)作図完了
   20100224c13.jpg

7)楕円化トーラスの作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Elliptic Torus」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   20100224c14.jpg
  3)作図完了
   20100224c15.jpg

8)かさ貝のようなトーラスを作図
 「[CASF] Fun Shapes」~「Limpet Torus」
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   20100224c16.jpg
  3)作図完了
   20100224c17.jpg

 ★数学的関数を用いて様々な作図を行うツール
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「[CASF]DelCopEdges.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

選択した共通平面上のエッジを消す

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「Delete Coplanar Edges」作成
  20100224b1.jpg

  1)図形を作図、選択し、上記メニュー実行
   20100224b2.jpg
  2)処理完了
   20100224b3.jpg

 ★平面上の不要なエッジ部分が消去されるというイメージ
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「ZVolume.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

※別途、スクリプトファイル「delauney2.rb」が必要

選択した3D面の集合の体積を計算

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「ZVolume」作成
  20100224a1.jpg
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「ZVolume」作成
  20100224a2.jpg

  1)図形を作図、選択し、上記メニュー実行
   ★図形はグループ化・コンポーネント化をしない事
   20100224a3.jpg
  2)確認メッセージ表示
   20100224a4.jpg
  3)計算結果画面表示
   処理面数、Z=0面に投影したプランエリア、
   Z=0面への体積、を表示
   20100224a5.jpg
  4)処理終了
   2)で「はい」を選択すると下記のように分割状態となる
   「いいえ」を選択すれば元状態のまま
   20100224a6.jpg

 ★直方体のような単純な図形では計算されているようだが、それ以外は、どのように分割し、どのように計算しているのかが全く不明。これが SketchUp7.1による不具合なのか、もともとの不具合なのか、もともとこういう計算をしているのか(根拠は!?)等が全く不明
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「zone.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

面の面積・合計面積を計算して表示作図

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「[TBD] Zone」
   ~「Get Info」
   ~「Clear IDs」
   ~「About...」作成
  20100223b1.jpg

  1)面を作図した状態で
   メニュー「Plugins」~「[TBD] Zone」~「Get Info」実行
   選択せずに行う
   20100223b2.jpg
  2)各面の位置にその面積を表示
   画面左上に、各面積とその合計を表示
   20100223b3.jpg

 ★各面の位置の面積表示は、
  メニュー「Plugins」~「[TBD] Zone」~「Clear IDs」を実行すれば消える
 ★しかし、アンドゥや消去などを行うと、SketchUp7.1では、この機能は次回起動時まで使えなくなる
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「zerkalo_eng2.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- zerkalo_eng.rb

選択した図形の移動・コピーを行うプラグイン

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「MOVING,ROTATION,COPY.」
  20100223a1.jpg

  1)図形を作図・選択し右クリックメニュー
   「MOVING,ROTATION,COPY.」実行
  2)パラメータ入力画面
   Axis-X/Y/Zは何の軸なのか不明なので0,0,0に
   移動/コピー距離、移動/コピー数を指示
   20100223a2.jpg
  3)移動/コピー方向の原点を指示
   20100223a3.jpg
  4)移動/コピー方向の方向指示点を指示
   20100223a4.jpg
  5)確認画面
   何が書かれているのか不明だが、
   元図形を消す(はい)か残す(いいえ)か の様子
   20100223a5.jpg
  6)作図完了
   20100223a6.jpg
   寸法を張って確認
   20100223a7.jpg

次に回転を指定してみる

  1)図形を作図・選択し右クリックメニュー
   「MOVING,ROTATION,COPY.」実行
  2)パラメータ入力画面
   Axis-X/Y/Zは何の軸なのか不明なので0,0,0に
   距離の値は不明、数量の値も不明、
   回転角度を指示
   20100223a8.jpg
  3)回転移動/コピーの回転軸・始点を指示
   20100223a9.jpg
  4)回転移動/コピーの回転軸・終点を指示
   ここで指示した位置まで移動/コピーされる
   20100223a10.jpg
  5)確認画面
   20100223a11.jpg
  6)作図完了
   20100223a12.jpg
 ★回転を行う場合、どういう値を指定したらどういう作図が行われるのかがよく分からない。しかもフリーズ状態?(と思ったが何故か巨大量にコピー作業を行っているらしい?)になる場合もあるので使用するには要注意。
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「xLine2Line.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

ガイド線分をエッジ線分に変換する

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Edges from Construction Lines」作成
  20100122c1.jpg

  1)ガイド線分を作図・選択し右クリックメニュー
   「Edges from Construction Lines」実行
   20100122c2.jpg
  2)処理完了
   20100122c3.jpg

 ★無限のガイド線は変換出来ない
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「xLine.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

エッジ線分をガイド線分に変換する

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Convert to xLine」作成
  20100122b1.jpg

  1)線分を作図・選択し右クリックメニュー
   「Convert to xLine」実行
   20100122b2.jpg
  2)処理完了
   20100122b3.jpg

 ★ソフトニングされた元エッジは対象外
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「WindowTools.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- WindowTools.rb
   +-- <WindowTools>
      +-- 3PointTool.rb
      +-- draw_frame.rb
      +-- draw_glass.rb
      +-- draw_mullion.rb
      +-- draw_trim.rb
      +-- frame_tool.rb
      +-- glass_tool.rb
      +-- mullion_tool.rb
      +-- trim_tool.rb
      +-- ~~.png

窓を作図するツールのセット

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Window Tools」
   ~「Glass」
   ~「Frame」
   ~「Trim」
   ~「Mullions」作成
  20100122a2.jpg
  ツールバー作成
  20100122a1.jpg

1)窓ガラスの作図
  1)壁となる面を作図し、窓の大きさで開口部が開いている状態で
   メニュー「Plugins」~「Window Tools」~「Glass」実行
  2)パラメータ入力画面
   20100122a3.jpg
  3)第1点の指示
   20100122a4.jpg
  4)第2点の指示
   20100122a5.jpg
  5)第3点の指示
   20100122a6.jpg
  6)作図完了
   20100122a7.jpg

2)枠付きの窓ガラスの作図
  1)壁となる面を作図し、窓の大きさで開口部が開いている状態で
   メニュー「Plugins」~「Window Tools」~「Frame」実行
  2)パラメータ入力画面
   20100122a8.jpg
  3)第1点の指示
   20100122a4.jpg
  4)第2点の指示
   20100122a5.jpg
  5)第3点の指示
   20100122a6.jpg
  6)作図完了
   20100122a9.jpg

3)窓縁取りの作図
  1)上記、窓を作図した状態で
   メニュー「Plugins」~「Window Tools」~「Trim」実行
  2)パラメータ入力画面
   20100122a10.jpg
  3)第1点の指示
   20100122a11.jpg
  4)第2点の指示
   20100122a12.jpg
  5)第3点の指示
   20100122a13.jpg
  6)作図完了
   20100122a14.jpg

4)窓仕切りの作図
  1)上記、窓を作図した状態で
   メニュー「Plugins」~「Window Tools」~「Mullions」実行
  2)パラメータ入力画面
   20100122a15.jpg
  3)第1点の指示
   20100122a16.jpg
  4)第2点の指示
   20100122a17.jpg
  5)第3点の指示
   20100122a18.jpg
  6)作図完了
   20100122a19.jpg

Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「WindowMullions.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

窓ガラス(枠)に仕切枠をつけるプラグイン

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Window Mullions」作成
  20100121b1.jpg

  1)壁などの面に窓(枠)を作図している状態で、
   メニュー「Plugins」~「Window Mullions」実行
  2)パラメータ入力画面
   20100121b2.jpg
  3)第1点指示
   20100121b3.jpg
  4)第2点指示
   20100121b4.jpg
  5)第3点指示
   20100121b5.jpg
  6)作図完了
   20100121b6.jpg
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「WindowGlassFrame.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

面の開口部に枠付きの窓ガラスを作図

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Window Glass Frame」作成
  20100121a1.jpg

  1)あらかじめ窓ガラスを壁などを作図しておく
  2)メニュー「Plugins」~「Window Glass Frame」実行
  3)パラメータ入力画面
   20100121a2.jpg
  4)第1点の指示
   20100121a3.jpg
  5)第2点の指示
   20100121a4.jpg
  6)第3点の指示
   20100121a5.jpg
  7)作図完了
   20100121a6.jpg
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「WindowGlass.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

簡単な窓ガラスの作図

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Window Glass」作成
  20100220b1.jpg

  1)あらかじめ窓ガラスをはめこむ枠や壁などを作図しておく
  2)メニュー「Plugins」~「Window Glass」実行
  3)パラメータ入力画面
   ガラスの厚み、指定した面からどれだけ離して設置するか
   を指示
   20100220b2.jpg
  4)第1点の指示
   20100220b3.jpg
  5)第2点の指示
   20100220b4.jpg
  6)第3点の指示
   20100220b5.jpg
  7)作図完了
   20100220b6.jpg

 ★点の指示順序・方向によって窓ガラスの位置が変わるので注意
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「voronoi_convex-hull.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- export_points.rb
   +-- hull.rb
   +-- pointify.rb
   +-- voronoi.rb
   +-- <Qhull>
      +-- tutorial-notes.jpg
      +-- test-file.skp
      +-- rbox.exe
      +-- qvoronoi.exe
      +-- qhull.exe
      +-- qhalf.exe
      +-- qdelaunay.exe
      +-- qconvex.exe

先の「tooling.zip」の新しいバージョンと思われる

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Qhull」
   ~「Export CPoints」
   ~「Convex Hull」
   ~「Pointify」
   ~「Polygon Cracking」
   ~「Recursive dent」
   ~「Voronoi」作成
  20100220a1.jpg

1)面にひびを入れたような図形を作図する

  1)面を持つ図形を作図しグループ化、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Qhull」~「Polygon Cracking」実行
   20100220a2.jpg
  2)確認画面
   20100220a3.jpg
  3)作図完了
   20100220a4.jpg

2)エッジをゆがませたような図形を作図する

  1)エッジを持つ図形を作図し、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Qhull」~「Recursive dent」実行
   20100220a5.jpg
  2)作図完了
   20100220a6.jpg
   ★図形はグループ化/コンポーネント化されていない事
   ★面を含んだ場合は、面は消去されエッジのみとなる

3)選択した線分の全頂点にガイド点を作図する

  1)線分図形を作図し、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Qhull」~「Pointify」実行
  2)選択した線分の頂点にガイド点が作図される、
   らしいが、SketchUp7.1 では作図されない様子

4)ガイド点をテキストファイルとしてエクスポート

  1)ガイド点を作図し、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Qhull」~「Export CPoints」実行
  2)ガイド点の座標位置がテキストファイルとして保存される
   らしいが、SketchUp7.1 では反応せず?


5)出力した座標ファイルを読み込んで凸型にパッチを張る

  1)メニュー「Plugins」~「Qhull」~「Convex Hull」実行

  4)で作成した座標ファイル(points.txt)を読み込み、変換し、
  変換後のファイル qhull.txt を読み込んで図形を作図する
  らしいが、SketchUp7.1 では反応せず?

6)出力した座標ファイルを読み込んで「Voronoi」図形を作図

  1)メニュー「Plugins」~「Qhull」~「Voronoi」実行

  4)で作成した座標ファイル(points.txt)を読み込み、変換し、
  変換後のファイル qvoronoi.txt を読み込んで図形を作図する
  らしいが、SketchUp7.1 では反応せず?
  「Voronoi」というのが不明・・・

以上、「Tooling.zip」同様の結果。。。
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「VolumeCalculator21.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

選択した3D面の集合体による3D図形の体積を計算

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「Volume」作成

3D図形を作図し、グループ化/コンポーネント化を行い、選択した状態で右クリックメニュー「Volume」を実行、するとその体積を計算するようであるが、SketchUp7.1 では動作しない

SketchUp6 では動作するのを確認
   20100219b1.jpg
        ↓
   20100219b2.jpg
        ↓
   20100219b3.jpg
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「VolumeCalculator.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

選択した3D面の集合体による3D図形の体積を計算

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「Volume」作成

3D図形を作図し、グループ化/コンポーネント化を行い、選択した状態で右クリックメニュー「Volume」を実行、するとその体積を計算するようであるが、SketchUp7.1 では動作しない(SketchUp V5のみ?)
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「volume.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

選択枠の体積を計算するプラグイン

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
  「Compute volume」作成
  20100219a1.jpg

  1)3D図形を作図し、グループ化/コンポーネント化
   を行い、選択した状態で、
   右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「Compute volume」実行
   20100219a2.jpg
  2)選択したグループ/コンポーネント選択枠の
   体積を計算して表示
   20100219a3.jpg

 ★3D図形そのものの体積ではないので注意
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「TubeAlongPath.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

指示したパスに沿ってチューブ(円筒)を作図

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Tube Along Path」作成
  20100218b1.jpg

  1)パスを作図・選択し、
   メニュー「Plugins」~「Tube Along Path」実行
   20100218b2.jpg
  2)パラメータ入力画面
   作図タイプ 円 or 多角形状の円形
   円の半径
   円の分割数 を指示
   20100218b3.jpg
  3)作図完了
   20100218b4.jpg

 ★パスは、線分のほか、円、円弧、フリーハンド、ベジェ/スプライン曲線なども選択可能
 ★端面は作図される
 ★面が裏返る場合もあるので便宜反転等を行う
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「trilateration.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- trilateration.rb
   +-- Trilateration.pdf

2辺長さを入力して三角形/三角面を作図するプラグイン

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Draw」~「Trilateration」
   ~「Settings」
   ~「Draw Triangle」作成
  20100218a1.jpg

1)設定
  1)メニュー「Draw」~「Trilateration」~「Settings」実行
  2)パラメータ入力画面
   作図方法 面+エッジ線分、エッジ線分 
   20100218a2.jpg
   作図途中のガイドのうち残すもの
   20100218a3.jpg
   を指示

2)作図
  1)メニュー「Draw」~「Trilateration」~「Draw Triangle」実行
  2)原点を指示
   20100218a4.jpg
  3)X軸を決める方向を指示
   20100218a5.jpg
  4)Y軸を決める方向を指示
   20100218a6.jpg
  5)2辺の長さを入力 辺と辺は「;」で区切る
   20100218a7.jpg
  6)想定される三角形パターンが表示される
   20100218a8.jpg
   どの三角形を作図するのかを選択
   その頂点にマウスを移動しクリック
   20100218a9.jpg
  7)作図完了
   20100218a10.jpg

 ★2辺入力の際に、変な値を入れるとはじかれる
  また、小さい長さを入れるとはじかれるので 3)、4)の際に表示される長さはチェックしておくこと
 ★2辺入力の際に、固まったようになる場合は、空白キー(スペースキー)を押す
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「ToolsOnSurface_131.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- ZLoader__OnSurface.rb
   +-- <TOS_Dir_13>
      +-- EraserOnSurface.rb
      +-- FreehandOnSurface.rb
      +-- LibOnSurface.rb
      +-- LibTraductor_20.rb
      +-- LineOnSurface.rb
      +-- LoaderOnSurface.rb
      +-- OffsetOnSurface.rb
      +-- PolylineOnSurface.rb
      +-- ShapeOnSurface.rb
      +-- ~~.png等

面上での作図を行うツール集プラグイン

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Window」~「Preferences」実行
  20100217b1.jpg
  Extensions 内の「□Tools on Surface」にチェック
  20100217b2.jpg
  ツールバー「Surface Operations」作成
  20100217b3.jpg
  20100217b4.jpg

1)面上に線分を描く

  1)ツール「Line onSurface」実行
   20100217b5.jpg
  2)原点(始点)指示
   20100217b6.jpg
  3)終点指示
   20100217b7.jpg
  4)作図完了 続いて終点指示
   20100217b8.jpg

★長方形(rectangle)、円(circle)、多角形(polygon)、楕円(Ellipse)、等の作図が行えるとの事だが、SketchUp7.1では動作しないので、不明(※SketchUp6で確認したところ、動作・作図出来ているため、SketchUp7.1には未対応であろうと思われる)
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「tooling.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- tooling.rb
   +-- <tooling>
      +-- cracking.rb
      +-- delaunay.rb
      +-- export_points.rb
      +-- hull.rb
      +-- pointify.rb
      +-- qhull.exe
      +-- recursive.rb
      +-- voronoi.rb

「aranda/lasch: tooling (http://www.arandalasch.com/tooling/)」での本の記述の技術に刺激されたツーリング・パッケージ

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Plugins」~「Tooling」
   ~「Polygon Cracking」
   ~「Recursive dent」
   ~「Pointify」
   ~「Export CPoints」
   ~「Convex Hull」
   ~「Voronoi」作成
  20100217a1.jpg

1)面にひびを入れたような図形を作図する

  1)面を持つ図形を作図しグループ化、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Tooling」~「Polygon Cracking」実行
   20100217a2.jpg
  2)確認画面
   20100217a3.jpg
  3)作図完了
   20100217a4.jpg

2)エッジをゆがませたような図形を作図する

  1)エッジを持つ図形を作図し、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Tooling」~「Recursive dent」実行
   20100217a5.jpg
  2)作図完了
   20100217a6.jpg
   ★面を含んだ場合は、面は消去されエッジのみとなる

3)選択した線分の全頂点にガイド点を作図する

  1)線分図形を作図し、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Tooling」~「Pointify」実行
  2)選択した線分の頂点にガイド点が作図される、
   らしいが、SketchUp7.1 では作図されない様子

4)ガイド点をテキストファイルとしてエクスポート

  1)ガイド点を作図し、選択した状態で
   メニュー「Plugins」~「Tooling」~「Export CPoints」実行
  2)ガイド点の座標位置がテキストファイルとして保存される
   らしいが、SketchUp7.1 では反応せず?
   toolingフォルダ内に points.txt は作成されているようだが不明

5)出力した座標ファイルを読み込んで凸型にパッチを張る

  1)メニュー「Plugins」~「Tooling」~「Convex Hull」実行

  4)で作成した座標ファイル(points.txt)を読み込み、変換し、
  変換後のファイル qhull.txt を読み込んで図形を作図する
  らしいが、SketchUp7.1 では反応せず?

6)出力した座標ファイルを読み込んで「Voronoi」図形を作図

  1)メニュー「Plugins」~「Tooling」~「Voronoi」実行

  4)で作成した座標ファイル(points.txt)を読み込み、変換し、
  変換後のファイル qvoronoi.txt を読み込んで図形を作図する
  らしいが、SketchUp7.1 では反応せず?
  「Voronoi」というのが不明・・・
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「toggle_units_5icons.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- toggle_units.rb
   +-- ~~.gif

単位を切り替えるツールボタン

SketchUp7.1 を起動
  ツールバー「Units」作成
  20100216b1.jpg
  ★単位「m」用の画像ファイル「tume.gif」は、上記 zipファイルの中に梱包されていないため、「m」のアイコンは表示されない ここでは前「toggle_units_1icon.zip」から移動してきてある


との事だが、SketchUp7.1起動時、エラーメッセージはでないしツールバーも表示は行われているが、ツールボタンをクリックしても、SketchUp7.1では、単位は切り替わらない。おそらく、ModelInfoでの単位切替のような話であると想像されるのだが・・・
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「toggle_units_1icon.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- toggle_units.rb
   +-- <toggle_units_icons>
      +-- ~~.gif

単位を切り替えるツールボタン

SketchUp7.1 を起動
  ツールバー「Units」作成

との事だが、SketchUp7.1起動時、
  「Error Loading File toggle_units.rb
   cannot convert nil into String」
というエラーメッセージが出て、それらしきツールバーは見当たらない
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「tf_ruby_scripts.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- AddVertex+.rb
   +-- rci.png
   +-- reglue.rb
   +-- rename_comp_inst.rb
   +-- repaint_face.rb
   +-- rot90.rb
   +-- tf.rb
   +-- progressbar.rb

「Timber Framers」拡張ルビースクリプト

SketchUp7.1 を起動
  右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「Rotate 90 around Z」
  メニュー「Plugins」
   ~「Repaint Face」
   ~「Rename Component Instances」
   ~「TF Rubies」
     ~「Timber List」
     ~「Count Joints and Pegs」
     ~「Configure」
     ~「About」
     他

1)右クリックメニュー(コンテキストメニュー)「Rotate 90 around Z」
  選択したグループ/コンポーネントをZ軸回りに90度回転するプラグイン

2)メニュー「Plugins」~「Repaint Face」
  マテリアル色を指定し、面をダブルクリックする事によって色を塗るプラグイン

3)メニュー「Plugins」~「Rename Component Instances」
  コンポーネントオブジェクトの名前を変更するプラグイン
  名前は手入力する

4)メニュー「Plugins」~「TF Rubies」~「Timber List」
  材木リストを保存する?

5)メニュー「Plugins」~「TF Rubies」~「Count Joints and Pegs」
  ジョイント、釘?/脚?、をカウントする?

6)メニュー「Plugins」~「TF Rubies」~「Configure」
  設定

その他、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に「TF ID: Joint」「TF ID: Peg」「TF ID: None」「TF Create Joint」「TF Make Shop Drawings」「TF Create Peg」等があるが・・・

★大元の「Timber Framer」なるものや、どういったことをするのか等が現在は分からないため、不明

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。