プロフィール

大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』

Author:大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
当店ではより多くの機会に気軽に「きもの」を楽しんで頂きたいという気持ちから絹100%の高級衣裳を驚くほどの低価格でご提供致しております。一式には足袋、肌着、ひも類など全て揃っています。お客様は何もご用意される必要はありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_edi_page.htm
「multiwalltool31.zip」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 一応ウイルスチェックを行い、zipなので解凍
 解凍先は「Plugins」フォルダ
  <Plugins>
   +-- Multiwall Tool User Guide.pdf
   +-- multiwalltool31.rb

複数層の壁を作るツール

SketchUp7.1 を起動
  メニュー「Draw」~「Multi-layers wall」
   ~「Wall segment」
   ~「Lines to walls」
   ~「Face to wall」
   ~「opening」
   ~「List wall style」
   ~「Create wall style」
   ~「Delete wall style」
   ~「Import wall styles」
   ~「Export wall styles」作成
   20100327a1.jpg

1)「Multi-layers wall」~「Create wall style」
 壁スタイルの作成
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   生成する壁スタイルの名前を入力
   20100327a2.jpg
  3)パラメータ入力画面
   壁軸点間のガイド線を作図するかどうか
   壁を作図する際の位置あわせモード(左、中、右)
   層の数(=マテリアル数=構造)1~4
   20100327a3.jpg
  4)パラメータ入力画面
   各層のマテリアル、厚さ、を指示
   20100327a4.jpg
   ★マテリアルは現在のモデル内で使用されているもの
    が表示される。マテリアルを使用していない場合、
    存在しないマテリアル一覧から選択することとなり
    それを指定すると黒くなるので注意
  5)完了

2)「Multi-layers wall」~「List wall style」
 壁スタイルの一覧表示
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   壁スタイルの名前を一覧から選択
   20100327a5.jpg
  3)確認画面表示
   選択した壁スタイルの情報を表示
   20100327a6.jpg

3)「Multi-layers wall」~「Delete wall style」
 壁スタイルの削除
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   壁スタイルの名前を一覧から選択
   20100327a7.jpg
  3)確認画面表示
   20100327a8.jpg
  4)完了
   「はい」を選択すると選択した壁スタイルを削除

4)「Multi-layers wall」~「Export wall styles」
 作成した壁スタイルを保存(エクスポート)
  1)上記メニュー実行
  2)ファイル保存用画面
   フォルダ、ファイル名を指示
   20100327a9.jpg
  3)確認画面表示
   20100327a10.jpg
  4)完了
  ★フォルダ名・ファイル名に全角文字は使用しないこと

5)「Multi-layers wall」~「Import wall styles」
 保存した壁スタイルを読み込み(インポート)
  1)上記メニュー実行
  2)ファイル選択用画面
   フォルダ、ファイル名を指示
   4)で保存したファイル(拡張子 .mlw)を指示
   20100327a11.jpg
  3)確認画面表示
   20100327a12.jpg
  4)完了


6)「Multi-layers wall」~「Wall segment」
 壁1区画分の作図
  1)上記メニュー実行
  2)パラメータ入力画面
   壁スタイル、壁の高さを指示
   20100327a13.jpg
  3)第1点指示
   20100327a14.jpg
  4)第2点指示
   20100327a15.jpg
  5)処理完了
   20100327a16.jpg
  ★引き続き、第1点の指示となるが
   連続で作図すると下記のようになるので注意
   20100327a17.jpg

7)「Multi-layers wall」~「Lines to walls」
 選択したエッジに壁を作図
  1)エッジを選択し、上記メニュー実行
   20100327a18.jpg
  2)パラメータ入力画面
   壁スタイル、壁の高さを指示
   20100327a19.jpg
  3)処理完了
   20100327a20.jpg
   ★円・円弧やスプライン等も選択可能

8)「Multi-layers wall」~「Face to wall」
 選択した面に壁を作図
  1)面(側面)を選択し、上記メニュー実行
   20100327a21.jpg
  2)パラメータ入力画面
   壁スタイルを指示
   20100327a22.jpg
  3)パラメータ入力画面
   元の面を消すかどうかを指示
   20100327a23.jpg
  4)処理完了
   20100327a24.jpg
  ★複数の面を選択する事は出来ない

9)「Multi-layers wall」~「opening」
 作成した壁に穴を開ける
  1)作成した壁はグループ化されており、
   壁をダブルクリックして、第1層側の面に面を描く
  2)作図した面を選択した状態で上記メニュー実行
   20100327a25.jpg
  3)処理完了
   20100327a26.jpg
  ★第1層側でないと正常に処理されない
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。