プロフィール

大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』

Author:大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
大阪上本町 貸衣裳 『花ごろも 清水』
当店ではより多くの機会に気軽に「きもの」を楽しんで頂きたいという気持ちから絹100%の高級衣裳を驚くほどの低価格でご提供致しております。一式には足袋、肌着、ひも類など全て揃っています。お客様は何もご用意される必要はありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ruby Library Depot
http://rhin.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/em_geo_page.htm
「drop.rb」
 右クリックして「対象をファイルに保存」を実行
 「Plugins」フォルダに保存する。一応ウイルスチェック。

 SketchUp7.1 を起動
   メニュー作成は無し
   右クリックメニュー(コンテキストメニュー)作成

 ドロップ:選択図形の高さ(Z座標位置)を変更する

  1)あらかじめ図形を作図し、グループ化またはコンポーネント化
   20100122a.jpg
  2)図形を上方向に移動し、下に面を作成しておく
   面の高さは 500mm としてある
   20100122b.jpg

  3) 2)で選択した面を右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   すると、「Get position: ~~」と表示され、
   その面の高さ位置(Z座標)が分かる
   (下記の「Drop at...」の高さ設定値にも反映)
   20100122c.jpg

  4)作成したグループ/コンポーネントの図形を選択し
   右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「Drop at intersection」を実行
   20100122d.jpg
  5)その図形が下方向へ落ちる(ドロップ)ように移動され
   既存の面と交差する位置で止まる。
   20100122e.jpg
   ★選択したグループ/コンポーネント図形の基準点から
    下へおろした線と 面との交点を算出し、その位置まで
    移動する、という感じであろうか

 テストのため、再度、図形を上へ移動する

  6)作成したグループ/コンポーネントの図形を選択し
   右クリックメニュー(コンテキストメニュー)
   「Drop at ...」を実行
   このメニュー項目は、任意高さへの移動を行う事が可能
   20100122f.jpg
  7)パラメータ入力画面
   高さ位置の指示
   初期値は、上記の「Get position:」値が表示
   20100122g.jpg
   「1000」と入力してみる
   20100122h.jpg
  8)移動処理完了
   20100122i.jpg

  再度実行

  9)パラメータ入力画面
   高さ位置の指示
   20100122j.jpg
  10)移動処理完了
   20100122k.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。